このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください

大多数の経営者や事業者が
顧問弁護士を付けていない
その理由を全て解消します

  • 月額顧問料が高い
  • すぐに相談できない
  • ささいなことで相談していいか分からない
  • いつも相談があるわけじゃない
  • 個別事件でも結局お金(着手金)がかかる
  • 1年契約など契約期間の縛りがあって依頼しにくい
  • すぐに相談できない

これらを全て解決します

えそらが選ばれる5つの理由

LINE,Slack,Chatwork
法律相談無制限
従来の顧問弁護士契約では、顧問弁護士に相談するのに相談予約が必要だったり面談が必要で相談までに手間と時間がかかることが多いです。しかし、えそらプランなら日常的に使うLINEやSlack、Chatworkで気になった瞬間に弁護士に質問や相談ができます。手軽だから、ささいなことでも聞きやすい!しかも、法律相談の回数制限なし!
個別事件の
着手金無料!
従来の顧問弁護士契約では、個別具体的な事件の依頼の際に、顧問料と別途費用がかかります。少額の事件だと着手金だけで経済的メリットがなくなり依頼を断念することも。えそらプランに加入していれば着手金が無料になします( 年1回まで)。もちろん報酬への上乗せもなし!
着手金(参考)

待機期間があり、着手金無料でご依頼を承れるのは、サブスクプラン契約後、3ヶ月より後に発生した事件に限ります。

経済的利益が算出不能の事件は経済的利益を800万円として計算→着手金49万円!

→えそらプランなら無料に!

HP等への記載OK、
契約期間の縛りなし!
弁護士法人えそらを顧問弁護士・顧問法律事務所として企業のH Pに掲載することができます。これにより不当なクレームを防いだり顧客からの信用を得たりする効果を期待できます。
また、従来の顧問弁護士契約は、1年契約など契約期間の拘束があるのが通常した。えそらプランは1ヶ月更新!いつでも解約可能です。
セカンド顧問的利用
オプション的利用OK
もう顧問弁護士がいて顧問契約を切り替えることは考えていないが、別の弁護士の意見も気軽に聞けるようにしたいという理由でのご利用も大歓迎です。また、弁護士法人えそらが提供する通常の顧問契約プランにオプションとしてえそらプランを加えていただくことも可能です(その場合、月額料金がさらに割引になるものもございます。)
月額¥11,800
(税込)
従来の法律顧問契約の多くは月額3~5万円に設定されていて、毎月の支払い作業も負担となります。えそらプランは、月額11,800円(税込)の低価格、支払いはクレジットカード決済で登録後は毎月の支払い作業が不要となります。
しかも、契約期間の縛りはありません。
着手金(参考)

待機期間があり、着手金無料でご依頼を承れるのは、サブスクプラン契約後、3ヶ月より後に発生した事件に限ります。

経済的利益が算出不能の事件は経済的利益を800万円として計算→着手金49万円!

→えそらプランなら無料に!

「予防法務こそ最重要」
”だから”
「いざという時は早期対応が必須」

法律問題は病気や怪我のようなもので、日常的に少し気をつけていれば、あるいは早期対応していれば、それほど深刻な問題になることは多くないのです。しかし、深刻な法律問題が起きてしまうと、その問題そのものから生じる経済的 損失 や訴訟 費用等の弁護士費用だけでなく、代表 者等の手間や時間を大量に割かなければいけなくなります。深刻な法律問題の発生は企業にとって大きなリスクですから、顧問弁護士を雇い、こまめに相談して法律問題の発生自体を抑えることは、企業戦略にとっても非常に有効な手段なのです。

従来の法律顧問契約は・・・
「いつも相談はない」
「毎月かかる顧問料」
「試したいのに1年契約」

弁護士との法律顧問契約がいかに法律問題発生リスクを減少させるといっても、 実際 のところ顧問弁護士がいるという中小企業はとても少ないといえます。これは、多くの経営者や事業者が法律問題や法律問題の発生リスクを軽視している結果というわけではなく、単純 に、弁護士が顧問料の「費用対効果」が悪い(少なくともそう思える)ことが主たる原因であると思います。弁護士の顧問料の費用対効果が悪く感じられる原因 は「法律相談や契約書のチェックなど弁護士にしてもらいたいことがいつもあるわけではない」のに「毎月決して安くない顧問料が発生する」という点にあります。
しかも、1年など契約期間の縛りがあり、気軽に試してみるにはハードルが高いことも多いです。

えそらプランなら!!
「最低限の顧問料」
「法律相談し放題」
「もしものときも着手金無料」
「契約期間の縛りなし」

いかに予防と早期対応が重要で法律顧問契約がそれらに有効だと理解している経営者や事業者の方でも、毎月の弁護士顧問料を支払うのが無駄に思えるのも無理はないかもしれません。私たち弁護士法人えそらは、このような経営者や事業者の悩みを解決するために、 従来の法律顧問契約とは全く異なる切り口から、サブスクリプション型法律顧問契約(えそらプラン)を開発しました。
しかも、毎月更新だから契約期間の縛りはなく1ヶ月から気軽にお試しいただけます。

サブスク型法律顧問契約を作ったわけ

「全ての企業に顧問弁護士が必要」
という確信から

弁護士法人えそら
代表弁護士 馬場 龍行

法律顧問契約のえそらプランは、弁護士法人えそらが自信を持ってお勧めする弁護士法律顧問契約です。えそらプランの大きな特徴は、①予防法務にとって最重要である日常の法律相談は無制限で可能あること、②個別事件の依頼時の着手金が限度額なく完全無料(※)であること、③月額料金¥11,800(税込)であることの3つです。
※対象外となる事件や、年1回まで等の利用制限があります。

日常の法律相談し放題

弁護士だけでなく多くの経営者や事業者の方にもご理解いただいていると思われる、法律問題の予防と早期対応の重要性を実現するために法律相談を無制限にしました。通常の顧問契約では、法律相談何時間までといった制限があることが多いのですが、法律問題の予防と早期対応のためにはちょっとした相談であってもすぐに何度でも相談できることが必要だという思いから実現したものです。無制限に相談可能という点の安心感のほか、LINE、SlackまたはChatworkというメッセージアプリを利用することで、ふと質問したいことが出てきた瞬間に弁護士に質問を投げられる点が思いのほか便利だと、多忙な経営者や事業者の方々からご好評いただいています。

2 着手金は限度額なく完全無料

他に類を見ないサービスではないかと思います。これまで中小企業経営者や事業者や個人事業主の方から多くの相談を受けてきましたが、受任をお断りする場合の多くの理由は「経済的メリットを出せない」というものでした。例えば、十数万円の売掛金を回収したいとか、勝訴しても賠償金が少額であることが見込まれる相談の場合、着手金の額を伝えた時点で相談が終わってしまう(相談者が請求を諦めてしまう)ことが圧倒的に多かったのです。法律上は十分請求が成り立つのに、着手金の用意ができずに権利実現を諦めるという場面に何度も出会ってきました。社会には実現できない小さな権利が無数に存在していると痛感し、これを何とかしたいとずっと感じていました。そこで、継続的関係 を築いていただける経営者や事業者の方については、権利実現の大きな障壁となりうる「着手金」を完全に無料にすることにしました。思い切った決断でしたが、早くもご好評いただいています。着手金無料サービスがあることによって、月々の顧問料に「もしものための保険料」のような意味合いが加わり、相談が全くない月にも顧問料が発生することに納得感を持っていただけていることがご好評いただいている1つの理由だと受け止めています。

3 月額料金¥11,800(税込)

業界最低水準の料金設定を目指した結果です。多くの中小企業にとって月額3〜5万円は、不定期な相談やもしもの時の保険料としては高すぎます。いくら①と②のサービスを実現しても、多くの中小企業にとって利用しやすい料金設定にしなければ全く意味のないものになってしまいます。そこで、多くの中小企業が固定費として計上しても良いと思える料金にするために、業界最低水準の月額11,800円(税込)という価格に設定しました。

顧問契約 比較表

よくある質問

  • Q
    本当に着手金が無料になるのですか?
    A
     もちろん本当です。
  • Q
    着手金無料サービスの利用に制限はありますか?
    A
    次のような制限があります。
    渉外事件や海事事件など一部対応できない業務分野もあります。また、ご契約前からご契約後3ヶ月経過するまでに発生した紛争は、着手金無料サービスの対象外です。その他詳細な条件については、お申し込みフォーム「お申し込み前にご 確認いただきたい注意点」をご覧下さい
  • Q
    着手金無料の分、報酬が高くなりませんか?
    A
    なりません。原則として旧弁護士会基準による報酬の設定をさせていただきます。
  • Q
    Slack、LINEまたはChatwork以外のチャットツールを使うことはできますか?
    A
    申し訳ありません、Slack、LINEまたはChatworkのみ対応しております。
  • Q
    Zoomや電話での相談も可能でしょうか?
    A
    はい、チャットツールで十分な回答ができない場合などは、Zoomや電話での相談ももちろん可能です。
  • Q
    請求書払いにできませんか?
    A
    申し訳ありません、クレジットカードによる定期払いにのみ対応しております。
  • Q
    着手金無料サービスの利用に制限はありますか?
    A
    次のような制限があります。
    渉外事件や海事事件など一部対応できない業務分野もあります。また、ご契約前からご契約後3ヶ月経過するまでに発生した紛争は、着手金無料サービスの対象外です。その他詳細な条件については、お申し込みフォーム「お申し込み前にご 確認いただきたい注意点」をご覧下さい

ご利用可能なクレジットカード

契約の流れ

Step
01
専用フォームからのお問い合わせ
専用フォームからお問い合わせください。弊所より相談のご予約をお取りさせていただきます。
Step
02
お申し込み・クレジットカード決済
ご相談後、ご納得いただいた場合には、お申し込み手続きを行って頂きます。お申し込み後、弁護士法人えそらから送られるメールに記載されるリンクからクレジットカード決済をお願いします。
Step
03
LINE、SlackまたはChatworkに登録
クレジットカード決済後、お申し込み時にご選択 いただいたメッセージアプリにご招待致します。
Step
04
着手金無料でご依頼
現在のサービス内容以外にも、今後、えそらプランご契約者のみへの情報発信・書式のご提供・動画によるセミナー配信など法律顧問サービスの更なる拡充を目指しています。
Step
02
お申し込み・クレジットカード決済
ご相談後、ご納得いただいた場合には、お申し込み手続きを行って頂きます。お申し込み後、弁護士法人えそらから送られるメールに記載されるリンクからクレジットカード決済をお願いします。

新時代のサブスクリプション型
法律顧問契約をご体験ください!
1ヶ月での解約も可能です。


事務所案内
所在地
〒101-0045
東京都千代田区神田鍛冶町3丁目3-9
喜助新千代田ビル7階72
mail
営業時間
月火木金 10:00-17:00
休業日
水・土・日・祝日
※お電話でのお問い合わせは、水曜を含めた平日10:00-20:00で承っています。
休業日
水・土・日・祝日
※お電話でのお問い合わせは、水曜を含めた平日10:00-20:00で承っています。

お問い合わせ

※お申し込み前に必ず、フォーム下記の「えそらプランお申し込み前にご確認いただきたい注意点」及び「利用規約」から利用規約をご一読いただき申し込みフォームへ進んでください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
利用規約・プライバシーポリシー、特定商品取引法に基づく表記をお読みの上、同意して送信して下さい。
電話受付時間 10:00 - 20:00
※専用ダイアルとなっております。
事務所案内に表記されている電話番号とは異なりますのでお気を付けください。
えそらプランお申し込み前にご確認いただきたい注意点必ずご確認ください。

・法律相談は原則 としてLINE、SlackまたはChatworkのいずれかです。
(必要がある場合には電話やWEBでの相談、事務所への来所相談にも対応します。)
・顧問料の支払い方法はクレジットカード決済限定です。
・担当弁護士を指名することはできません。
・えそらプランご契約前からご契約後3ヶ月経過するまでに発生した紛争は、着手金無料サービスの対象外です。
・着手金無料サービスのご利用は年1回までです。
・着手金無料サービスを利用して個別事件のご依頼をいただいた場合、当該事件終了までえそらプランを解約できません。(解約する場合、着手金相当額のお支払いが必要です。)
・個別事件依頼の際に、利益相反等弁護士倫理規定上受任できない場合があります。
・渉外事件や海事事件など一部対応できない分野があります。

弁護士法人えそら 
コーポレートサイト  
企業法務総合サイト

弁護士法人えそら取り扱い業務
【企業のお客様】
顧問弁護士 労務問題 著作権 債権回収 医療法務 IT法務 建物明渡 法人破産 企業再生 事業譲渡 M&A  税務訴訟 マンション管理 会社設立 企業内研修 SDGs  EAP(従業員支援プログラム)
【個人のお客様】
相続(遺言書作成・遺産分割協議・遺留分侵害額請求権相続放棄など) 離婚 交通事故 不当解雇 未払い残業代 立退料 共有物分割 養育費 不倫慰謝料 認知請求 誹謗中傷 債務整理 刑事事件(弁護人) 火災保険 労災事故 消費者被害 医療過誤 アスベスト 時効援用 退職代行 示談書作成 B型肝炎給付金 強制執行 個人情報開示などの法律問題全般